HomeArtistAccessAbout

Archives2009
2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 | 2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996 | 1995 | 1994 | 1993 |
Previous << "Exhibition" >> Next
February

09suzukitakuinfoweb.jpg

鈴木 卓 展/Taku Suzuki 陶器

2009.2.3 [tue.] - 2.10 [tue.]

鈴木卓さんは、オブジェと器を同じくらいの比重で制作している陶芸作家です。
それらは、同じアーティストから生まれたとは思えない、全く違う印象の作品です。

黒く、重く、朽ちゆく金属を思わせる質感と有機的なフォルムのオブジェ。
一方、暖かく、ふわっと白い、まろやかなフォルムの器。

この全く両極端の意識での制作が、卓さんにとっては心地よいバランスなのでしょう。
「最近、身の周りのことがちゃんと見えるようになり、安定した気持ちで制作できるようになりました。かつての焦りがなくなりました」

サボア・ヴィーブルでは、器を中心に展覧会を続けていただいています。
「器を創っている時は迷いがなく、楽しいです」と話す卓さん。
なかでも、パーツが多いポットや急須は、機能と形の両者のバランスを問われる器で、彼にとっては、終わりのない、相性の良いアイテムのようです。

昨年、オブジェの作品で、益子陶芸展の加守田章二賞を獲得した鈴木卓さん。
“きれいな曲線”は、オブジェも器も、卓さんにとっての共通のテーマです。
皿・鉢・片口・ぐい呑みなど、器のアイテムや色合いも広がった、新作器展です。

ストアコラムのカテゴリー『つくる・人』  ぜひご覧下さい


 

Copyright ©2011 SAVOIR VIVRE Co.,Ltd. All rights reserved.