HomeArtistAccessAbout

Archives2007
2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 | 2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996 | 1995 | 1994 | 1993 |
Previous << "Exhibition" >> Next
September

niisatoinfoweb.jpg

新里明士 展/Akio Niisato 磁器

2007.9.15 [sat] - 9.24 [mon]

『光器』と題された新里さんのシリーズを、見知っている方は多いと思います。
高度な伝統技術に基づいた作風ですが、繊細で現代的な印象を併せ持っているからでしょうか。韓国、イタリア、オーストラリアなど、海外でも高い評価を得ています。

早稲田大学哲学科中退という稀な経歴を持つ新里さんですが、幼少時代、絵や工作が特別に好きだったというわけではなく、高校時代、陶芸に出会ったというだけのきっかけで、今の仕事に至っています。

「器」の形を保ちながらも、アート感覚を残したい。
フォルムをいじるのではなく、細工を施すことでインパクトを与えたい。
2003年、サボア・ヴィーブル初個展は、そんな思いから生まれた「蛍手」の作品でした。

その後、このシリーズは新里さんのテーマとなり、4年の歳月が経ちました。
“性格的に、制作する作品のイメージが固まりやすいたちなので、意識して「今」を壊していくようにしています。
今年に入ってから、轆轤を離れて手捻りを、色味を加えてみようとラスター彩を、、、と、あえて意識の違うものを創る時間を持ってみました。
そして改めて『光器』シリーズを手掛けてみたら、なにかから開放されたかのように、創りたいイメージのものをすっと自由に創っている自分に気がつきました。”

常に自問自答しながら、新たなる作品創りに挑んでいる若き陶芸家です。
3年振り。改めて楽しみな個展です。

ストアコラムのカテゴリー『つくる・人』  ぜひご覧下さい


 

Copyright ©2011 SAVOIR VIVRE Co.,Ltd. All rights reserved.