HomeArtistAccessAbout

Archives2004
2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 | 2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996 | 1995 | 1994 | 1993 |
Previous << "Exhibition" >> Next
December

2004-azuma-DM.jpg


東 日出夫 展 / Hideo Azuma 漆

2004.12.17 [fri] - 12.26 [sun]

今の時代、日常に華を添え、惜しみなく使ってみたくなる漆器とは?と、、、
修得した鎌倉彫の伝統的な技法と漆の特質を活かした漆器を、ずっと模索し続けている漆芸作家です。

サボア・ヴィ−ブルでは1983年の個展以来ご縁の深い作家です。

世にモノがあふれ、お金さえ出せば、あたり前になんでも手に入ったバブル期後半頃の事です。
「あえて今、自分が欲しい物って何かな?」と東さんは立ち止まりました。皆が合理性に目を向けている時、「ここまでもやるか、、、」と、手仕事の価値は費やした時間にもあるのでは?と発奮。
ずっとご披露してなかった鎌倉彫の技法を用い、信じられない程の時間をかけて俵屋宗達の『風神 雷神』を彫った椀を製作しました。それはとても衝撃的で、今でも語りぐさです。私も自分の仕事の意味を改めて再認識させられた出来事でした。

50才代になった東さんは、軽やかにさり気なく、でも人の印象に残る漆器作りに励んでいます。
文字好きな東さんならではの古文字椀、ドキッとするキッチュな絵柄の漆絵椀など、忘れかけた過去の記憶を呼び覚まされるような、東日出夫の漆器展です。


Copyright ©2011 SAVOIR VIVRE Co.,Ltd. All rights reserved.